Links
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
薬物依存症の生理的な回復
摂取した薬物は、脳内で本来働いている物質と似たような物質として働く。
この本来働いている脳内物質をリガンド、摂取しリガンドの代わりに働く薬物はアゴニストと呼ばれる。
依存性がある薬物の血中濃度が下がってくると、生理的に不快な感覚が離脱症状として表れ、再び薬物を摂取したいという欲求が高まる。
薬物ごとに血中濃度が半分になる半減期が薬物の特性としてわかっている。
アゴニストとして働いていた物質が不足すれば、生理的に不快な離脱症状が起こるが、再び薬物を摂取せずに薬物摂取のため分泌が少なくなっていたリガンドの分泌が回復していくことで離脱症状が薄れ依存症から回復する。


大阪 カウンセリングカウンセリング 悩み相談スピリチュアルカウンセラー 大阪
posted by: mystandardjp | カウンセリング | 10:39 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:39 | - | - | - | - |